FXトレードシミュレーション

 キーワード:   機関投資家    インターバンク市場    G.T.C注文    ファンタメンタルズ分析

オススメのページへ

FX のルール
レート の傾向
投資スパン とタイミング
FX と元手
FX のマイナス
FX で確認 すること
FX のリスク
資産構成 と資産保持
FX の良いところ

 

 

想定外 な推移 に注意

過去のチャートを見直し し、特定の通貨 が影響を受けやすい材料の特有性 をちょっと 留意 できるようにしておくことはお勧め です。 ほとんどの場合 、ポンド/円や、ポンド/ドルはボラティリティ がわりと 激しいため、デイトレード向きの通貨 といえるでしょう。

ちなみに これは人間心理の弱点 ですが、儲け は早く確定し損失 はなかなか確定できないのが普通 なのですね 。 要は 、結果として元本 がアップ していなければ勝率がどんなに高くても、そのトレード 方法は意味がありません。 因みに 、大切 なので 覚えておいて欲しいのですが、金利が上がればカレンシー も上がるという特性 を持っています。

−今日のFX用語−
双子の赤字
「双子の赤字」とは、アメリカの財政収支赤字と貿易収支赤字の、2つの赤字のことをいいます。


外国為替証拠金取引 でのオーダー

2通貨 を対比する 場合、相対的なニーズ を検証 するのが重要 ですから、ファンダメンタル分析が実用的 なのです。 相場 の状態 に左右されにくい資産構成 を使用 した安堵 できるトレード をしたいものです。

ボラティリティー や流れ に関連性の薄い2つ以上のカレンシー ペアに元手 を分散するようなポートフォリオ はリスクヘッジの面で有効 といえるでしょう。 どっちにしても 効果 はどうあれ、戦略 にのっとって気負い を示すのが一般的 です。 相場 が動く要因 は、そもそも テクニカルとファンダメンタルズの2つだということは、実際 にトレード すれば見えてきます。

オススメです!
XM口座開設

 

   
© Copyright